« 桜咲く2 | トップページ | 反省会0114 »

本の山なれど

幼少期から勉強の書物は自由に買ってもらっていたわちきである。そのせいか、本屋は大好きである。最近購入した本は「天文年鑑2009」んー十年前の流星群観測を思い出し、ドラマの影響もアリ、手にしたものの専門用語がメモリからいずこかへ....
茶の湯の本も少し増やすべきかどうか...と思いつつ、師匠の臨書なる「分類草人木」を読んでから買うかとも思うのだが、ついつい手を出してしまう。今回のは「日本の茶書」ワイド東洋文庫なる本だ。品切れになった文庫を活字を大きくしワイド版で売り出したものだとな!年寄りに買ってもらう戦略ですな
お取り寄せなので今月中に届くかどうか.....
こうして本は積み重ねられていくのであった。

|

« 桜咲く2 | トップページ | 反省会0114 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜咲く2 | トップページ | 反省会0114 »