« 台風一過 | トップページ | サポーターもつらい(^^;) »

回想録(イタリア編)

 2003年クリスマス。この夜にフィオレンティーナに滞在。家族とクリスマスを過ごすためお店はほとんど早仕舞い。観光客向けにオープンしているレストランに入るが、用意できない料理が多かった。デザートも1種類。メインも何種類か用意できないとか。それでも晩餐にありつける喜び。感謝以外の何物でもない。

 真夜中に街中の教会の鐘の音が鳴り響く。寒さも忘れ、窓を開け、しばし聞き入る。荘厳な響。信者でなくとも心洗われる響きだった。

 信者以外、入れない教会も多いが、入れる場合は入れてもらい、端席でミサを聞き入るのも好きだ。

 このところミサ曲を歌うことが続いているが、イタリア・フランスでの教会のイメージがあるので歌いやすい。経験はいろんなところで役に立つものだ。

« 台風一過 | トップページ | サポーターもつらい(^^;) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風一過 | トップページ | サポーターもつらい(^^;) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ