« 身辺 | トップページ | 0123 »

出会いと再会

十年ぶりの再会あり。人とチェロ。

チェロは四つ子で、今夜は他のヴァイオリン二台、ヴィオラ一台も一緒である。

クァルテットセット ヴァッカス:
同じ木から作られた四台の弦楽器。
今夜は、この楽器が主役の演奏会へ出かけた。

涙ぐんだ素晴らしい音の話は後日、書くことにする。

今夜は、制作者の松下氏もクレモナから駆け付けてくれた。

彼の工房を訪ねたのが2003年末。ストラディヴァリの本当!?を追求して、たどり着いたことを色々、語ってくれたことを思い出した。
一緒に訪ねた友人にも再会できた。


感謝

|

« 身辺 | トップページ | 0123 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身辺 | トップページ | 0123 »