日記・コラム・つぶやき

久々(+_+) って、どんだけーやねん!!

書き込みできるのか!?
できたらしいので三年ぷり、やってみますかねpaper

台風一過

 期待していたが、土曜と同じ雨が夜中中降り止まない。恵みの雨と思うべきか、憎い雨と思うべきか・・・わちき的には前者ではあるが。人それぞれ。

 野球は雨では中止になるが、サッカーはよほどでない限りキックオフする。サポーターもそのつもりで雨合羽は必需品。このときばかりは両チームにとって招かざる客(雨)である。。でも条件は同じ。雨のせいにしてはならぬ。

 大雨の中でも着物姿を見かける。茶会には良い天気に恵まれそうなこの季節。雨は恨めしい限り。しかし、茶人たるもの雨でも着物である。その始末も勉強のうちだ。ついぞアッパレと声をかけたくなる。わちきもようやく雨用草履を用意した。雪用は持っていたが・・・

 さて、今日はどの傘ででかけようか。午後には止むらしい。

咲かぬなら.....

どーしたものか咲いたのはこの子だけ!枝の切り方が悪かったらしいと主は言うがこーもなるもの?

玉川用水の景色

りっぱな鯉こい鯉
が、所々で甲羅干の赤い首の亀たち・・・・外来種?  どんどん増えていくのだろうか(*´д`*)

回想録(入院編)101

 ストレスが溜まりに貯まり(銭が貯まって欲しかった気持ち)、一緒に棺おけに入る予定の病君とお別れすることになった。二週間の入院・手術に一ヶ月の自宅療養だそうだ。

 ここは潔くまな板ならぬ、オペ台の上に上るしかあるまい......ということで手術前の検査を半日かけてあれこれとこなした。どこかで見たことがある方(TVに良く出ている)もいっしょだった。

 準備はなんとかなったが、問題は保証人・身元引受人だ。入院も大変だぁ。

 入院指定日当日の朝。わちきの姿は職場にありbombはてさて・・・・・

湯島詣出

今年も受験生のゴウカク祈願に湯島聖堂に出かける。1月は賽銭場が広いまま。事情が分からない子供は結界をまたいで入る始末(笑)。
かしこみーかしこみー の後は老舗の和菓子屋さんで縁起担ぎにお赤飯を頂く人気のひな霰を買い占め、福梅なるお菓子を買い、次なる甘味所の「みつはし」に向かい宅配する。夏に姪が始めて食べた「あんみつ」に感動し、「お母さんに食べさせたい」と喜んだのにオババカしちゃいました。上野近辺は歩くと結構楽しいですぞー

本の山なれど

幼少期から勉強の書物は自由に買ってもらっていたわちきである。そのせいか、本屋は大好きである。最近購入した本は「天文年鑑2009」んー十年前の流星群観測を思い出し、ドラマの影響もアリ、手にしたものの専門用語がメモリからいずこかへ....
茶の湯の本も少し増やすべきかどうか...と思いつつ、師匠の臨書なる「分類草人木」を読んでから買うかとも思うのだが、ついつい手を出してしまう。今回のは「日本の茶書」ワイド東洋文庫なる本だ。品切れになった文庫を活字を大きくしワイド版で売り出したものだとな!年寄りに買ってもらう戦略ですな
お取り寄せなので今月中に届くかどうか.....
こうして本は積み重ねられていくのであった。

桜咲く2

等々力競技場からの帰り道に利用する中原区を流れる用水路の木に花開く枝二、三本を発見
梅の花もまだ見ぬうちに今年は二回目だわ(*^_^*)受験生の桜も華麗に咲いてほしいものだわ

てくてく2

お散歩第二段愛宕山からくねくね曲がりながら新橋を抜け、JRの高架下の飲食店を横目に目指すは銀座一丁目!  有楽町までの高架下のお店はさぞかし天井が低いのかなあと思いきや、地下に伸びる階段と広々としたフロアが見えたのには驚き足を踏み入れたことがないわちきにとっては秘密の地下のように見えた。薄汚れたレンガの壁の向こうは華やかな社交場!みたいな!的ーな
結構歩いたかと思いきや二万歩に足らないこの日...

てくてく

今日のお散歩第一段青山一丁目から赤坂を抜け氷川神社の前を歩かせて頂き!途中、赤穂浪士ゆかりの南部坂を抜けアークヒルズは横目で見過ごし、泉ガーデンで軽くランチ風が強いなあ....
一昨日見たサクラはどうなっているかなと、寄り道しながら愛宕まであと少し('-^*)ok
アメリカ大使館に近づかないようにしないとなんだか警備がものものしかった一昨日だったもの
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ